練馬区医師会

  1. 医療機関のご案内
  2. 地図検索
  3. 医療機関名から検索
  4. 診療科目から検索
  5. 練馬区内医院一覧
  6. 救急医療機関
  7. 練馬区急患診療所
  8. 健診・検診のご案内
  9. 特定健診・特定保健指導
  10. 予防接種のご案内
  11. 産業保健のご案内
  12. かかりつけ医について
  13. 在宅医療について
  14. もの忘れ相談医
  15. 糖尿病医療連携
  16. 介護保険について
  17. 医療トピックス
  18. 医学会区民セミナー
  19. 練馬区医師会
  20. 医療健診センター
  21. 訪問看護ステーション 居宅介護支援事務所
  22. 病児保育センターぱるむ
  23. 医療連携センター
  24. 求人情報
  25. リンク
  26. 個人情報保護規定
  27. 個人情報保護方針
  28. ご意見・お問合せ

健診・検診のご案内

医療健診センター ご利用方法

  • 対人・対物検査
  • 区民検診
  • 企業健診
  • 学童検診
  • 人間ドック
  • 入学・就職時健康診断
  • 対人・対物検査
  • 区民検診
  • 企業健診
  • 学童検診
  • 人間ドック
  • 入学・就職時健康診断

対人・対物検査の種類

MRI、MRA検査
MRI、MRA検査


使用装置;TOSHIBA EXCELART VantageXGV(1.5テスラ)

MRIとは

MRIは体内にある物質(水素原子核:H)と非常に強力な磁石(磁場)を利用した検査方法です。
MRIで得られる画像はCTよりも自由な角度から撮影が可能です。
MRIでは造影剤を使用しないで血管を描出するMRA(MR Angio)、胆嚢・総胆管・膵管を描出するMRCP(MR Cholangiopancreatography)など様々な撮影テクニックがあります。
MRI検査は各医療機関の紹介により完全予約制にて行っています。患者様から直接のご予約は受け付けておりませんので、かかりつけ医にご相談ください。
医療健診センターのMRI検査では造影剤を使用していません。

検査の注意事項
下記に該当する方は検査を受けられないことがあります。

心臓ペースメーカー・人工内耳など電子機器を体内に装着している方
動脈瘤の手術をされた方
輸血ポンプ・酸素ボンベが必要な方
妊娠中または妊娠の可能性がある方
閉所恐怖症(狭い場所が苦手)な方
カラーのコンタクトレンズを装着している方(検査時に外せば検査できます)
外科的手術で体内に金属がある方

手術等で体内に金属がある場合、医療健診センターでは手術内容や金属の種類を調べることができません。種類によっては検査を受けると非常に危険な金属があります。必ず手術した医療機関に事前に問い合わせてください。
歯の治療に用いられる金属で、取り外せないものはそのままで検査を受けられます。入れ歯など取り外せるものは検査前に外していただきます。

検査当日

検査予約時間の15分前までに医療健診センターで受付を済ませてください。
当日の検査の都合で予約時間よりお待ちいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
上腹部MRI検査(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓)の方は食事制限があります。
検査時間が午前(9:00~12:00)の場合・・・朝食は食べないでください。できれば水分摂取もなるべく控えてください。
検査時間が午後(13:00~)の場合・・・昼食は食べないでください。できれば水分摂取もなるべく控えてください。
さらにMRCP検査の方は食事・水分も摂取しないでください。
薬を服用している方は、通常通りお飲みください。
上腹部MRI検査・MRCP以外の方は食事制限はありません。

検査時

検査着に着替えていただきます。当日は着脱しやすい服装でお願いします。検査に不要な装飾品はあらかじめ外してください。
基本的に検査台に仰向けになって撮影を行います。
非常に狭いトンネルの中に入っていきます。
検査が始まると、コンコン・ガーなど非常に大きな機械音がしますが、MRI特有の動作音ですので心配ありません。
検査部位によっては(主に上腹部・胸部)数~20秒程度の息止めで撮影する場合があります。
MRI検査は体の動きに非常に敏感な検査です。動いてしまうと画像にボケが生じますので、検査中は動かないようご協力をお願いします。
検査時間は着替えも含めて20~40分で終了します。

検査後

検査結果は医療健診センターから紹介元の医療機関へお届けします。後日、紹介元の医療機関で検査結果を伺ってください。

ページトップへ

CT検査
CT検査


使用装置:Canon Aquilion PRIME SP(80列)

CTとは

CTはX線を発生する機械とX線を検出する受信側の機械が対となり、体の周囲を回転しながらデータ収集し、コンピュータ処理で体の断面を画像化する装置です。
CTで得られた画像データはデジタルなので、撮影後は様々な処理が可能です。
医療健診センターのマルチスライスCTは一度に80枚の画像を0.5mm厚で撮影できるため以前のCTと比べ数秒で撮影でき、より鮮明な画像が得られます。また被ばく軽減装置が充実され受診者の負担が軽減されています。
検査による痛みはなく、比較的簡便に高精度な検査が行えます。
CT検査は各医療機関の紹介により完全予約制にて行っています。患者様から直接のご予約は受け付けておりませんので、かかりつけ医にご相談ください。
医療健診センターのCT検査では造影剤を使用していません。
大腸CT検査を行っております。(仮想内視鏡像により解析致します)

検査の注意事項
下記に該当する方は検査を受けられないことがあります。

妊娠中及び妊娠の可能性がある方
心臓ペースメーカー装着している方の胸部CT検査

検査当日

検査予約時間の15分前までに医療健診センターで受付を済ませてください。
当日の検査の都合で予約時間よりお待ちいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
上腹部CT検査(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓)の方は食事制限があります。
検査時間が午前(9:00~12:00)の場合・・・朝食は食べないでください。水分摂取は構いません。
検査時間が午後(13:00~)の場合・・・昼食は食べないでください。水分摂取は構いません。
薬を服用している方は、通常通りお飲みください。

上腹部CT検査以外の方は食事制限はありません。

検査時

検査部位によって検査着に着替えていただく場合があります。当日は着脱しやすい服装でお願いします。
検査台に仰向けになって撮影を行います。
検査部位によっては(主に胸部・上腹部・骨盤)数~20秒程度の息止めで撮影する場合があります。
検査時間は着替えも含めて10~20分で終了します。

検査後

検査結果は医療健診センターから紹介元の医療機関へお届けします。後日、紹介元の医療機関で検査結果を伺ってください。

ページトップへ

マンモグラフィ(乳房X線)検査
マンモグラフィ(乳房X線)検査


使用装置;TOSHIBA Mammorex

マンモグラフィとは

乳房専用X線装置を使用して乳房を圧迫し、乳腺を均一にひろげた状態でX線写真を撮影する検査です。
触れても判らない・しこりを作らない等の早期乳がんのサインである微小石灰化(砂粒のように見えるもの)を鮮明に写し出せるのが大きな特徴です。
マンモグラフィ検査は各医療機関の紹介により完全予約制にて行っています。患者様から直接のご予約は受け付けておりませんので、かかりつけ医にご相談ください。

検査の注意事項
下記に該当する方は医療健診センターで検査を受けられないことがあります。

心臓ペースメーカーを体内に装着している方
妊娠中または妊娠の可能性がある方
豊胸手術を受けている方
VRシャント手術を受けている方
乳房が張っている時期は避けたほうがよいです。生理が始まって7~10日位までの、乳房の張りや痛みがない軟らかい状態の時期が望ましいです。かかりつけ医とご相談の上、ご予約ください。

検査当日

検査予約時間の15分前までに医療健診センターで受付を済ませてください。
当日の検査の都合で予約時間よりお待ちいただく場合があります。あらかじめご了承ください。
食事制限はありません。薬を服用している方も通常通りお飲みください。

検査時

上半身を全部脱いで撮影します。当日は着脱しやすい服装でお願いします。
撮影範囲は乳房から脇の下を含めた部分です。検査時は制汗剤やパウダーをよく拭き取ってください。
乳房をやや強めに圧迫して撮影します。人によっては痛みを伴いますが、乳房を薄く均等に広げることで、乳腺・脂肪・血管などの重なりを無くし、病変を見つけやすくするためです。また薄くすることでX線の被曝量を軽減する効果があります。
以前に受けた手術や傷跡・いぼ・ほくろなど気になる症状がありましたら、検査時に担当技師にご相談下さい。より良い撮影と診断に役立ちます。
検査時間は着替えも含めて10~15分で終了します。

検査後

検査結果は医療健診センターから紹介元の医療機関へお届けします。後日、紹介元の医療機関で検査結果を伺ってください。

ページトップへ

各種レントゲン検査
各種レントゲン検査
レントゲン検査

一般撮影検査は各医療機関の紹介により完全予約制にて行っています。直接医療健診センターにて予約は受け付けておりませんのでかかりつけ医にご相談ください。

胸部X線撮影

注意 X線検査は妊娠またはその疑いのある方は受けられません。

胸部にX線を照射して撮影し、胸部の臓器・器官に病変がないかどうかを調べる検査です。

検査を受ける時の注意

撮影時は大きく息を吸って、しっかり止める
胸部付近の金属類は外してください
検査着に着替えていただきます。

胃部集団検診 胃がん検診

検査方法
バリウム(150cc)と発泡剤(胃を膨らます薬)を飲みます。発泡剤を飲むとゲップが出そうになりますが、撮影が終了するまで我慢してください。
胃壁にバリウムを付けるために、回転します。また、様々な方向から撮影するため、左右を向いたり、うつぶせなどの体位変換をおこないます。
検査時間は、3~5分位です。胃がんの早期発見のため、受診される方のご協力をお願いします。

検査後の注意

バリウムで便秘にならないように、検査終了後、下剤を飲みます。白っぽい便が出るまでは水分をたくさんとってください。
ごく稀に排便の際、バリウムで便器のつまりの原因になる場合がありますので、水をたくさん流してください。

上部消化管撮影「食道・胃部・十二指腸」
人間ドック・外来精密検査

注意X線検査は妊娠またはその疑いのある方は受けられません

検査方法

胃の動きを止める注射をして検査を始めます。
発泡剤(胃を膨らます薬)を水で飲みます。検査が終了するまでゲップを出さないようにします。
食道の検査は、バリウムをひと口含み術者の合図で飲みます。バリウムの流れたあとを撮影します。
胃部と十二指腸の検査は、バリウムを胃壁(胃の粘膜)に付着させるため、撮影台のうえで体を左右に動かしたり回転して様々な方向(上向き.左向き.右向き.うつぶせ、お腹を押す)から撮影します。集団検診よりも撮影回数も多くなり検査時間も長くなります。

下部消化管撮影(大腸検査)

注意X線検査は妊娠またはその疑いのある方は受けられません

注腸検査(大腸の検査)

お尻からバリウムと空気を注入し大腸の粘膜像を透視しながら撮影する検査法です。

検査方法

【前処置】

1.大腸検査は腸内に便が残っていると正確な検査ができなくなりますので、腸内をきれいにする必要があります。検査の前日より決められた検査食を食べていただき、その後下剤を飲んでいただきます。検査注意書きをよくお読みになって準備してください。
2.たくさんトイレにいき排便するようにしてください。
3.検査当日も、検査注意書にしたがいグリセリン浣腸をして排便してください。
4.これ以後、一切何も口にしないでください。

【検査】

1.大腸の動きを止める注射をして少し時間(数分)をおいて検査を始めます。
2.お尻から管を入れてバリウムと空気を入れます。
3.体位変換しますが、バリウムを腸壁(腸の粘膜)に付けながら大腸の一番奥まで移動させ直腸.S字状結腸.下行結腸.横行結腸.上行結腸.回盲部の順で撮影します。S字状結腸などは、腸が重なっていて見にくいときに余分なバリウムを抜いて撮影することもあります。
4.撮影回数も多くなり腸の一番奥まで撮影しますので時間が胃の検査よりも長くなります。
5.撮影終了後バリウムを出すために下剤を飲んでいただきます。

ページトップへ

上部・下部消化管内視鏡検査
上部・下部消化管内視鏡検査

上部・下部消化管内視鏡検査とは

 食道から胃、十二指腸までの範囲を上部消化管といいます。下部消化管は更にその先の、小腸から大腸までの範囲をいいます。上部消化管の検査は口から、下部消化管の検査は肛門から内視鏡を入れて直接患部をみることができるため、エックス線撮影などのように放射線に被爆することなく、より正確な診断を行うことができます。またポリープや癌などがあれば、その一部を内視鏡で摘み取り、良悪性の鑑別診断を行なう生検組織検査も行うことができます。

検査方法
上部消化管内視鏡検査

胃の自動運動の抑制を行う注射をして数分待ちます。
経口表面麻酔剤を口に入れ、飲み込まずそのまま喉のあたりにためておきます。
咽頭(ノド)の麻酔が効いたころに検査を始めます。
マウスピースを口にくわえ、内視鏡を少しずつ入れていきます。
検査時間は約5分から10分程度です。

下部消化管内視鏡検査

検査前日の夜に下剤を服用していただきます。
当日は検査予定時間の約4時間前から腸管内容物の排除を目的とする経口腸管洗浄剤を約2リットルから4リットル飲みます。
鎮静効果を目的とする麻酔導入剤を、医師により静脈内に注射します。
腸の自動運動を抑制する注射を行います。
肛門から内視鏡を少しずつ入れていきます。
検査時間は約20分くらいです。

検査前日の注意

食事の制限はありませんが、夕食は脂肪分を多く含む食品はできるだけ避け、消化のよいもので、夜9時ぐらいまでに済ませてください。それ以後の飲食は一切できません。

検査当日の注意

朝起きてから検査終了まで飲食は一切できません。
高血圧症で、毎朝降圧剤を服用している方は、起床時にコップ1杯くらいの水といっしょにお飲みください。
喫煙は胃液の分泌を促しますので飲食同様、検査終了まで一切できません。(上部消化管)

ページトップへ

超音波検査
超音波検査
超音波検査

<受診される方への注意>
脱ぎ着しやすい服装でお越しください。
痛みはありませんので、リラックスして受けてください。

腹部超音波検査

<受診される方への注意>
検査当日、朝の飲食はご遠慮ください。
口の中を湿らす程度の水・お茶は差し支えありません。
下腹部(膀胱、子宮、卵巣、前立腺)を目的とする場合、膀胱に尿をためて検査を行いますので、可能な限り検査2~3時間前から排尿は避けてください。

心臓・頸動脈・乳房・甲状腺超音波検査

<受診される方への注意>
食事の制限はありません。

ページトップへ

心電図、ホルター心電図
心電図、ホルター心電図
心電図

<受診される方への注意>
脱ぎ着しやすい服装でお越しください。
痛みはありませんので、リラックスして受けてください。

ホルター心電図(24時間心電図)

<受診される方への注意>
脱ぎ着しやすい服装でお越しください。
痛みはありませんので、リラックスして受けてください。
電極を付けたまま翌日も来院していただきます。
装着中は入浴できません。

ページトップへ

肺機能検査
肺機能検査

<受診される方への注意>
痛みはありませんので、リラックスして受けてください。

ページトップへ

眼底検査
眼底検査

<受診される方への注意>
痛みはありませんので、リラックスして受けてください。
眼鏡やコンタクトレンズは外して頂きますので、ケースなどをお持ちください。

ページトップへ

脳波検査
脳波検査

小児の場合は睡眠薬使用の必要が生じることがありますので、処方をお願いいたします。

<受診される方への注意>
痛みはありませんので、リラックスして受けてください。
検査時間は約80分~90分程度です。
睡眠中の脳波も記録する為、空腹を避けて、できれば寝不足気味でお越しください。
乳幼児の場合は検査当日の朝、少し早めに起こし、検査時間まで眠らせないようにしてください。(車中での睡眠にご注意ください)

ページトップへ

骨密度測定(DXA法)
骨密度測定(DXA法)

検査方法

1.検査着に着替え、仰臥位にて腰と足の固定を行い、腰椎、大腿骨それぞれの測定を行います。
2.検査時間は各部位それぞれ約60秒で、息止めの必要はありません。
3.検査終了後、数分で結果票を出すことができますので検査結果の持ち帰り又は翌日の集配でお届け出来ます。

  1. 地図検索
  2. 医療機関名から検索
  3. 診療科目から検索
  4. 練馬区内病院一覧
  5. 救急医療機関
  6. 練馬区急患診療所
  7. 健診・検診のご案内
  8. 予防接種のご案内
  9. 産業保健のご案内
  10. かかりつけ医について
  11. 在宅医療について
  12. もの忘れ相談医
  13. 糖尿病医療提携
  14. 介護保険について
  15. 医療トピックス
  16. 医学会区民セミナー
  17. 特定健診・特定保健指導
  18. 練馬区医師会
  19. 医療健診センター
  20. 訪問看護ステーション 居宅介護支援事務所
  21. 病児保育センターぱるむ
  22. 医療連携センター
  23. 練馬区医師会携帯サイト

ページトップへページトップへ